小説 天気の子

(角川文庫)

新海 誠 (著)
登場人物の精神面、周囲の情景などの高い描写力は流石です。
この高い文章力だけで、最後まですらすらと読めてしまった。
キャラクターもよく練っており、みなそれぞれ生きたリアリティをもつ人物として描かれている。

PAGE TOP