• トップ
  • Indies Room
  • Shuと×(カケル)の60日 ~インディーズ作家「shu」の作り方~

Shuと×(カケル)の60日

~インディーズ作家「shu」の作り方~

 実際に、自伝・自叙伝・半生記を書くことは、主観が多くありすぎてしまいバランスや校正を行うことが難しい中、著者がロングインタビューをすることにより、「shu」という人物を作家として育成するものである。
 文章も書けない、ブログもかけない、ツイートすることが精一杯の主婦が、「子供たちに残したいもの」と考えた末にたどり着いた道である。
 言葉を残したいと思っている方には、著者がどのようにして引き出しから、伝えたいものを出していくか、という原点に戻り、「メッセージを作るための簡易マニュアル」と考えて、読んでみる価値はある。

PAGE TOP